バスタイムを充実させたい時の利用方法

植物の実や花などから抽出する精油は別名エッシェンシャルオイルとも言われています。植物によって様々な香りと効能があり、主にアロマテラピーなどで使用されます。
リラクゼーショングッズ売り場などで簡単に手に入れることができ、生活に気軽に取り入れることができます。
普段の生活では芳香剤としての使用がほとんどですが、その他にもバスタイムのリラクゼーションに用いるのも良いでしょう。湯船に数滴たらすことで蒸気と共に香りが広がり、快適なバスタイムになります。
幾つかの沐浴法があります。
                                               }PgžxQ                                                    

肩までしっかり浸かる全身浴、少ないお湯で下半身だけの半身浴、手や足だけ浸ける手足浴です。
お湯の温度や沐浴法それぞれに効果があります。長い間じっくり浸かり発汗作用、デトックス効果が期待できる、半身浴法はおすすめです。汗をかくことでリフレッシュでき美容にも有効です。下半身だけの入浴なので心臓にも負担がかかりにくい浸かり方です。
バスタイムのほかにも加湿器の水に入れたり、手作り化粧品に入れることも出来ます。
精油には、保湿効果や細胞を活性化させる効果があり化粧品に使用することで肌を健やかに保つことができます。オイルにはたくさんの種類があるので、どれを選べばいいかわからないときはアドバイザーにお願いしましょう。自分で資格を取得することも可能です。

コメントは受け付けていません。