リラックスしたい時の利用方法

芳香浴法とは、最も手軽にアロマテラピーを楽しむ方法であり、日常のストレスを緩和させてリラックス効果を得ることができます。精油を香らせる方法はたくさんあるのですが、扱いやすい方法を選ぶことが大切です。また、部屋の広さや通気性、香りの強さなどによって精油の量を調整していくと良いでしょう。まず、アロマポットはキャンドル式のアロマ芳香器となっており、上部の受け皿に水を入れてアロマオイルを1~5滴垂らして使うことになります。
                                               椅子と絵画と花                                                  

キャンドルに火を灯すことによってオイルが揮発して香りが部屋に漂うのですが、少し部屋を暗くするとさらにゆったりとリラックスできます。アロマランプとは電球の熱を使ったアロマ芳香器であり、コンセントに芳香器をセットすると電球が灯り、優しい光と香りを楽しむことができます。使い方はアロマポットと同じなのですが、火を使わないので子供がいても安全ですし、さまざまなデザインのものが登場してきているため、部屋のインテリアとしても人気となっています。アロマディフューザーは霧が出るタイプの芳香器となっており、発生したミストが見えるので視覚的にも楽しむことができます。また、肌の乾燥が気になっている人にもオススメです。

コメントは受け付けていません。