アロマテラピートリートメント用オイルについて

アロマテラピートリートメント用オイルは、目的に応じて選んだエッセンシャルオイルをキャリアオイルに希釈して作ったトリートメント用のマッサージオイルになります。キャリアオイルで希釈したエッセンシャルオイルは皮膚に塗ると、皮膚の表面から皮膚の奥へと浸透していきます。毛細血管やリンパ管に作用して新陳代謝が良くなって血行を良くする効果があります。エッセンシャルオイルは最終的に肝臓で分解されて体外に排出されていきます。
                                               小物02                                 

トリートメントオイルでマッサージする時は、皮膚に直接つけるので必ず希釈して使用する必要があります。精油の希釈濃度は、1%以下が適度だといわれています。肌が弱い人などが使用する場合にはもっと希釈濃度を低くして使用する必要があります。エッセンシャルオイルを希釈するときに使用するのがキャリアオイルになります。エッセンシャルオイルの浸透を良くする働きがあり、無臭で酸化しにくいなどが条件としてあげられます。アプリコットカーネル油やアボカド油・オリーブ油などになります。アプリコットカーネル油は、荒れた肌を改善する働きがあり、フェイシャルトリートメントに使われます。アボカド油・オリーブ油は、乾燥肌の改善などの効果があります。

コメントは受け付けていません。